Tendence Japan AMBASSADOR TENDENCE JAPANのアンバサダーに就任。「GULLIVER(ガリバー)」という名前の時計を使ってフォトストーリーを制作するというオファーを頂き、小説「ガリバー旅行記」をテーマに、フォトストーリー作りました。まつゆう*がアートディレクション、ストーリー製作。公式サイト・インスタグラムなどで発表しました。 この写真も、まつゆう*が製作。アンバサダー就任時に使用しました。 番号順に、フォトストーリーをお楽しみ下さい。 March〜August, 2015

No.1 「大きな時計とGULLIVER旅行記」 ある日のこと、女の子はGULLIVERという名前の時計と一緒に旅に出た。 目が覚めたらびっくり。ガリバー旅行記みたいな小人の国。 「ここはどこ?」

No.2 「大きな時計とGULLIVER旅行記」 街の人達は、大きな女の子と大きな時計を見て面白いね。と歓迎してくれた。 もちろん、びっくりして写真を撮っている人もいたけどね。

No.3 「大きな時計とGULLIVER旅行記」 小人の国の人達と仲良くなって色んな話をした。すると、一人のおじさんが教えてくれた 「そういえば君だけじゃないよ!君みたいに大きな男の子がエッフェル塔に最近来たんだ。」

No.4 「大きな時計とGULLIVER旅行記」 いそいで小さなエッフェル塔の側に行くと男の子が。二人は話すうちにすぐ意気投合。 ブラックのGULLIVERをプレゼントして、二人はともに時を刻む仲間になった。 次は、どんな楽しい時間が待ちうけているんだろう。

No.1 「大きな時計とZIPANG旅行記」 小人の国で出会った男の子と女の子。ふたりがイタズラで時計を逆回転させると時間がぐるぐる巻き戻り!「これはタイムトリップ?」たどり着いたのは"ジパング"と呼ばれる遥か昔の日本でした。 No.1 "Big watch and travel of Zipangu" The boy & girl who met in dwarf country. They played trick on the watch and then times go back to round and round the reverse rotation. [Isn't it time travel?] The arrived place call "Zipangu" which is long ago Japan.

No.2 「大きな時計とZIPANG旅行記」 気づいたら女の子はキュートなジパングのお姫様の装い。カラフルで美しい柄の着物と"キラリと光るラインストーンがびっしりつまったレインボーの時計"を腕にはめていました。お洋服とともに時計まで変身。 No.2 "Big watch and travel of Zipangu" She just realized she wearing very cute Zipangu princess kimono dress. They are colorful and beautiful design. And she wearing "glittery sequins rainbow watch" on her arm. It was make over also her watch and clothes.

No.3 「大きな時計とZIPANG旅行記 」 男の子は、”シックなブラックにカラフルな文字盤の時計”をはめ、ジパングのお殿様に。街人達に丁寧な挨拶をされ、ちょっぴり照れくさい。この旅はこの時計によっていろいろなところへ導かれ、時計に合わせファッションも共にチャンジしていくみたい。 No.3 "Big watch and travel of Zipangu" The Boy wearing "chic black and colorful the face of watch. He became Zipangu prince. Town of people say hi to him politely. He got Blush. This travel going to many different places guide by this watch. It seems like also changing fashion with the watch.

No.4 「大きな時計とZIPANG旅行記」 小さな川で三味線を聞かせる屋形船を発見。時計を見るとちょうど出発の時を告げていました。ふたりは、船に乗り込み川をくだることに。すると前方に大きな雲が。その瞬間、時計がフラッシュのような光を放ちはじめました。(次回に続く) No.4 "Big watch and travel of Zipangu" They found small Yakatabune(Japanese houseboat) near by the river and they heard Shamisen(Japanese traditional instrument) music. She looked at the watch just told time her time of departure. The boy and girl took a boat and going down the river. Then enormous cloud in front of them. At the moment, the watch began giving out

No.1 「大きな時計と"科学の国"旅行記」 ジパングの小さな川を船でくだりはじめた女の子と男の子。ふたりの腕に巻かれた大きな時計が光を放ち始め、光の閃光とともに導かれた場所は雲の上にある科学の国でした。 No.1 "Big watch and travel of science of country" The boy and girl going to down the river. These two watches gives off light and the light take them to the science country on a cloud.

No.2 「大きな時計と"科学の国"旅行記」 この国はずっとずっと大昔から科学が発展し、緑と共存してきた国でした。ブロンズカラーの機械やロボット。科学の国だけど大切なのは「やっぱり自然なのだ。」と教えてくれているみたい。街人も大きなロボットも優しさに満ちていて怖くない。 No.2 "Big watch and travel of science of country" This country has been a science development a long long time ago, and coexist with nature. Bronze colors machines and robots. This science country they reach us "Nature is important" Here is people and Robots is so kind and sweet so not afraid at all.

No.3 「大きな時計と"科学の国"旅行記」 街で休息をとっていると、古い手紙の束。大昔、ここに手から溢れる光とともにやって来た男の子と女の子がいたそうだ。 彼らもまた大きな時計と光に導かれてきたみたい。そこにあった手紙は次の旅先から街人へ送られたものだった。 No.3 "Big watch and travel of science of country" We rest in the city and we found an old bundle of letters. It was really long time ago some boy and girl came with light is overflow the hand this country. They also The big watch and light took them to here. The letters sent from next distnation by someone to the people of this town.

No.4 「大きな時計と"科学の国"旅行記」 手紙にはこの街から次の街への移動方法が書いてあった。街の守り石の前で、ひとこと呪文を唱えること。男の子と女の子は、守り石を探し当て手を取り合ってその言葉を唱えた。すると、大きな時計が光を放ち、気づくと最後の街へ辿りついていた。つづく No.4 "Big watch and travel of science of country" It was written how to get to the next destination in the letter. It caste one words spell front of protect stone town . The boy and girl found the stone and they said the words and holding hards. Then, the big watch gives off light, next moment they arrived last town. To be continued.

No.1 「大きな時計と"ディナー"旅行記」 最後に女の子と男の子が辿り着いた場所は、美味しくて不思議なディナーを出すレストランでした。何が不思議かというと、ふたりが旅してきた思い出の国の料理が食べられる場所だったのです。トリップの引き金になった大きな時計も、ディナーに合わせてキラキラとドレスアップ。 1皿目に出てきたのは、ふたりが出会ったGULLIVER旅行記みたいな小人の国の可愛い料理。ふたりは、小さな可愛らしい料理を見て出会った時のことを思い出しました。エッフェル塔の下でふたりは出会ったことを。* No.1 "Big watch and travel of Dinner" At last they arrive the restaurant which serves delicious and mysterious cuisine. What mysterious is because they can eat cuisine of local where they traved before.The watch, a key to this travel, is refle

No.2 「大きな時計と"ディナー"旅行記」 2皿目に出てきたのは、タイムトリップして辿り着いた"ジパング"と呼ばれる遥か昔の日本の料理。ジパングのディナーでのとっておきは"お寿司"。ふたりは、ジパングの作法にならい手でとって口へ運びます。 そうそう!ジパングへ行った時は、ふたりともジパングの国の衣装に変身していたね。 No.2 "Big watch and travel of Dinner" The second cuisine is Sushi from ZIPANG, ancient name of Japan, where they time traveled. They eat with their hands following local style. Remember? They dressed with Kimonos, local robe with colorfull textile.

No.3 「大きな時計と"ディナー"旅行記」 4皿目は、女の子が住んでいた国の料理。 お米を使った綺麗なディナー。まるで、宝石のような芸術的なお料理。 ぱくりんちょ。 ひとくち食べて、気づくと女の子は自分の住む世界へ戻っていました。 No.3 "Big watch and travel of Dinner" The fourth cuisine is from where she lives. It made with rice looks artistic such as jewelry. Snap up. Soon she realize that she return to her home.

No.5 「大きな時計と"ディナー"旅行記」 自分の住む世界へ戻った女の子。 もちろん、隣には旅先で出会った男の子が一緒でした。 ディナーは1日の中で必ず訪れる大切な人と過ごす時間。 毎日、誰にでも訪れる大切なひととき。 食事を作るときも、前菜、メインディッシュ、最後のデザートを食べるときも、そしてこれからもずっと一緒。 No.5 "Big watch and travel of Dinner" At last she is home now with the boy met in travel. Every dinner is important time with important person. Everyone has every moment of dinner. Start from cooking time, during eating appetizer, main dish, dessert, and after, after the dinner. We are together.

© 1998~ by matsu-you*. all rights reserved.